2008年12月18日

韓国ドラマ「恋人シリーズ」の第3弾は「恋人」です

韓国ドラマの中から恋人シリーズ第3弾の恋人を紹介します。韓国ドラマの恋人を知っている人が日本にどれだけいるのでしょうか?ちょっと不安ですが、ドラマ恋人を紹介しますね。

韓国ドラマ「恋人」は、恋人シリーズの第3弾ですが、第1弾が大ヒットドラマの「パリの恋人」、第2弾が「プラハの恋人」、そしてそれに続く「恋人シリーズ」の第3弾が恋人です。

韓国ドラマの「恋人シリーズ」の魅力といえば、現実では出会わないであろう、カップルの組み合わせ名のではないでしょうか?そして、第3弾の恋人でも、その魅力は続きました。恋人では、美容外科医とヤクザというちょっと変わった世界の男女のカップルの組み合わせでドラマのストーリーが展開されます。とても興味をひく内容となっています。

ある誤解から、ヤクザのハ・ガンジェ(イ・ソジン)と美容外科医のユン・ミジュ(キム・ジョンウン)は、知り合いました。ある日、乱闘の末に、ガンジェは重傷を負います。ミジュは、彼の傷の手当をして、命の恩人となります。その後も、2人の縁は続き、次第にお互いを意識するようになります。

しかし、ガンジェには、長年付き合っている恋人のパク・ユジン(キム・ギュリ)がいました。一方、ミジュには、ガンジェのボスの息子である、カン・セヨン(チョン・チャン)という存在がありました。お互いの気持ちを知りながらも、運命のいたずらに翻弄される彼らの行く末は・・・。

クライマックスには、誰もが涙し、胸を熱くさせる「究極のラブストーリー」です。

「パリの恋人」で注目を浴びた「キム・ジョンウン」が、再びヒロインを演じています。
また、「イ・ソジン」は、それまでのイメージとは違った、ヤクザ役を演じており、ただ粗暴なだけではなくて、知的な雰囲気をもつヤクザを好演しています。

この作品は、イ・ソジンが、2006年に「SBS演技大賞」の男性俳優部門最高人気賞を受賞し、キム・ジョンウンは、プロデューサー賞を受賞しています。

韓国ドラマの恋人を紹介しましたが、韓国ドラマにはまだまだ興味深い作品が沢山あります。
posted by さと at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

「恋人シリーズ」の第2弾は「プラハの恋人」ですね

「恋人シリーズ」の第2弾は「プラハの恋人」ですね。今回はこの「プラハの恋人」について紹介します。

「プラハの恋人」は、大ヒットドラマ「パリの恋人」の監督と脚本家が手掛ける「恋人シリーズ」の第2弾です。
このドラマは、東ヨーロッパの古都チェコ・プラハを背景として、展開していきます。
テーマは「身分の差を越えた愛」で、3人の男女の恋愛を描いた、ロマンティック・ラブストーリーです。

メロドラマの正統派としての構成や、個性的なキャラクター、「プラハ語録」と呼ばれた、切れ味の良いセリフが受けて、最高視聴率は31%を記録し、「韓国ラブストーリーの決定版」と呼ばれるほどのヒット作となりました。

出演しているキャストにも注目です。
大統領の娘のジェヒ役を演じるのは、映画「スキャンダル」で、ペ・ヨンジュンの相手役として注目を浴びた、女優のチョン・ドヨンです。
下っ端刑事のサンヒョン役を演じるのは、演技派俳優のキム・ジュヒョクで、2世俳優として期待されています。

大統領の娘で外交官のジェヒ(チョン・ドヨン)は、赴任地のチェコ・プラハに在住しています。
一方、正義感の強い下っ端刑事のサンヒョン(キム・ジュヒョク)は、プラハに留学してから帰国しようとしない、恋人のヘジュ(ユン・セア)から、急に電話で別れを告げられます。
サンヒョンは、プラハへ向かってヘジュを探すのですが、そこで偶然ジェヒと出会います。
次第にジェヒは、サンヒョンのことが気になり始めます。
しかし、サンヒョンの知らない間に、ヘジュが男の子を身ごもって、未婚の母になろうとしていることを知ります。
また、ジェヒの前に、5年前に突然いなくなった恋人のヨンウ(キム・ミンジュン)が現れて・・・。

「プラハの恋人」は、2005年に「SBS演技大賞で大賞」を受賞し、2006年には「第42回百想芸術大賞」のドラマ部門で最優秀男優賞を受賞しています。
posted by さと at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

韓国ドラマ「恋人シリーズ」の第2弾は「プラハの恋人」です

韓国ドラマを紹介しています。今回紹介する韓国ドラマは、「恋人シリーズ」の第2弾は「プラハの恋人」です。

「プラハの恋人」は、大ヒットドラマ「パリの恋人」の監督と脚本家が手掛ける「恋人シリーズ」の第2弾です。
このドラマは、東ヨーロッパの古都チェコ・プラハを背景として、展開していきます。
テーマは「身分の差を越えた愛」で、3人の男女の恋愛を描いた、ロマンティック・ラブストーリーです。

メロドラマの正統派としての構成や、個性的なキャラクター、「プラハ語録」と呼ばれた、切れ味の良いセリフが受けて、最高視聴率は31%を記録し、「韓国ラブストーリーの決定版」と呼ばれるほどのヒット作となりました。

出演しているキャストにも注目です。
大統領の娘のジェヒ役を演じるのは、映画「スキャンダル」で、ペ・ヨンジュンの相手役として注目を浴びた、女優のチョン・ドヨンです。
下っ端刑事のサンヒョン役を演じるのは、演技派俳優のキム・ジュヒョクで、2世俳優として期待されています。

大統領の娘で外交官のジェヒ(チョン・ドヨン)は、赴任地のチェコ・プラハに在住しています。
一方、正義感の強い下っ端刑事のサンヒョン(キム・ジュヒョク)は、プラハに留学してから帰国しようとしない、恋人のヘジュ(ユン・セア)から、急に電話で別れを告げられます。
サンヒョンは、プラハへ向かってヘジュを探すのですが、そこで偶然ジェヒと出会います。
次第にジェヒは、サンヒョンのことが気になり始めます。
しかし、サンヒョンの知らない間に、ヘジュが男の子を身ごもって、未婚の母になろうとしていることを知ります。
また、ジェヒの前に、5年前に突然いなくなった恋人のヨンウ(キム・ミンジュン)が現れて・・・。

「プラハの恋人」は、2005年に「SBS演技大賞で大賞」を受賞し、2006年には「第42回百想芸術大賞」のドラマ部門で最優秀男優賞を受賞しています。

posted by さと at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

大ヒットの韓国ドラマです「パリの恋人」

韓国ドラマの「パリの恋人」についてちょっと紹介したいと思います。

「パリの恋人」は、2004年の夏に大ヒットした韓国ドラマで、最高視聴率が57.4%で、平均視聴率が40%を越えるという、社会現象にまでなりました。
このドラマは、一度引き込まれたら抜け出せないという、韓国ドラマならではのエッセンスが詰まった純愛ドラマです。

パリに無一文でやって来て、フランス語学校に通っている、貧しい留学生のカン・テヨン(キム・ジョンウン)は、アルバイトをクビになって、新しい仕事を探すことになります。
そして、偶然見つかった仕事は、最高級アパートでの家政婦でした。

テヨンは、家政婦として働いているうちに、家主で財閥2世のハン・キジュ(パク・シニャン)と知り合います。
彼の立ち振る舞いは完璧で、周囲からも信望が厚い人物でした。
また、政略結婚をした後に離婚をしていて、真実の愛をいまだに知らないでいる、乏しい心の持ち主でもありました。

やがて、テヨンとキジュは、お互いに惹かれ合いますが、ある日、キジュを兄として慕っているユン・スヒョク(イ・ドンゴン)が現れます。
そして、彼もテヨンに恋してしまいます。

パリを舞台にして、3人の「愛の物語」が加速していきます。
3人それぞれがもつ想いと、隠されていた秘密が、徐々に明かされます。
そして、思ってもいないような展開に、物語は進んでいくのです。

財閥2世役で人気となったパク・シニャンは、優れた演技力と存在感のある若手実力派俳優です。
また、2002年に結婚した相手は、13歳年下の女子大生ということで、韓国で大変話題となりました。

posted by さと at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国ドラマ・「宮廷女官チャングムの誓い」

「宮廷女官チャングムの誓い」は、日本人でも良く知られている韓国のドラマですね。冬のソナタについで有名なのではないでしょうか。

「宮廷女官チャングムの誓い」は、朝鮮王朝時代に生きた、実在する歴史上の人物「チャングム」の、波乱万丈の生涯を描いたストーリーです。

韓国では、放送局MBCで、2003年9月15日?2004年3月30日まで放送されていました。
日本では、NHK-BS2で、2004年10月7日?2005年10月27日まで、毎週木曜日の午後10時から放送されていた、韓国ドラマシリーズの第4弾です。
韓国で視聴率が50%という、驚異的な数字を出した、歴史に残る超大作と言えます。

とても大きな反響であったことから、NHK-BS2で、2005年7月に前半、2005年12月には最終話までの後半が、集中的に再放送されました。
NHK総合でも、2005年10月8日から放送が開始され、2006年11月18日まで放送されました。
また、2006年末には総集編が放送されて、その再放送が2008年3月末に放送されました。

さらに、NHK版では、毎回いくつかカットされた場面があったため、視聴者からの要望により、2007年1月12日?2008年2月15日まで、NHK-BS2で字幕「完全版」が放送されました。
これは、NHKにおいて、初の韓国時代劇であって、NHKが放送した韓国ドラマの中で、最も長い期間放送されたドラマとなりました。

「宮廷女官チャングムの誓い」は、韓国の時代劇で、「韓国の大河ドラマ」と日本で呼ばれることもあります。
そのためか、30代?50代の男性ファンが多い韓国ドラマです。

「宮廷女官チャングムの誓い」がこれだけ再放送されましたが、いまだにこのような再放送をされる韓国ドラマはありません。

posted by さと at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

「私の名前はキム・サムスン」はロマンティック・ラブコメディです

韓国ドラマに最近映画俳優が復帰することが話題になってきています。映画スターになったらなかなかドラマに出演してくれない韓国の芸能界ですが、韓国ドラマ界に変化があるようです。

そんな韓国のドラマ界ですが、今回は韓国ドラマの「私の名前はキム・サムスン」を紹介します。

韓国ドラマ「私の名前はキム・サムスン」は、どこにでもいるようなごく普通の女性が、若くてハンサムな男性に恋をするという物語で、笑って泣けるロマンティック・ラブ・コメディです。

パティシエのキム・サムスン(キム・ソナ)は、特に美人でもなく、スタイルが良いわけでもなく、それほど若くもない女性です。
そんな彼女が、ハンサムで頭も良く、お金持ちだが、性格がよくない ヒョン・ジノン (ヒョンビン)の経営するレストランで働くことになります。

ある日、サムスンは、好みの男性とお見合いをすることになります。
しかし、隣に居合わせたジノンが、サムスンに突然近寄って来て、恋人の振りをし始めます。
そのため、サムスンのお見合いは台無しとなり、彼女はヤケ酒を飲み泥酔してしまいます。
ジノンは、そんな彼女を自宅まで連れて行って、サムスンに、「付き合おう」と提案しますが・・・。

ヒョン・ジノンを演じた「ヒョンビン」は、スターを発掘する番組「ノンストップ」で、正式にデビューし、背が高くて、ハンサムなマスクで、人気を集めるようになります。
その後、ドラマ「アイルランド」に出演し、その素晴らしい演技で注目を浴びます。
そして、この「私の名前はキム・サムスン」で人気が爆発しました。
現在では、ドラマや映画、CMなどで、引っ張りだこの俳優です。

キム・サムスンを演じた「キム・ソナ」は、中学と高校を日本で過ごしたため、日本語が堪能です。
韓国では、スーパーエリートモデルとして活動を開始しました。
この「私の名前はキム・サムスン」では、8キロも太って、役作りをしました。

これからもますます韓国ドラマから目が話せませんね。
電子たばこ 販売店 電子たばこ 激安 電子たばこ 通販 電子タバコ 格安 デジタルフォトフレーム 激安 通販
posted by さと at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国ドラマ/「千年の愛」ファンタスティック・ラブストーリー

韓国ドラマ「千年の愛」の見所は、西暦660年から、現代へ舞台を移すという、時空を超えて繰り広げられるファンタスティック・ラブストーリーです。

出演キャストもとても豪華で、抜群の演技力をもつソ・ジソプが主役を演じ、ジュ姫役には、韓国で大人気のアイドルグループ「Fin.K.L(フィンクル)」のメンバーであるソン・ユリが演じます。
また、ユソクと日本人の藤原達次という2役を演じるのは、モデル出身のキム・ナムジンが演じます。

「千年の愛」の舞台は、西暦660年です。
当時の王国「百済」は、滅亡の危機に見舞われていました。
裏切り者のユソク(キム・ナムジン)の謀略によって、ジュ姫(ソン・ユリ)は、城を追われてしまいました。
そんな中、アリ将軍(ソ・ジソプ)は、彼女に忠臣を尽くし、逆境の中で、絶望的な恋に落ちます。

しかし、ユソクの刃によって、アリは倒れてしまい、ユソクの女になりたくなかった姫は、崖から身を投げます。
すると、突然時空の歪みが生じ、1400年後の現代の韓国に、姫は放り出されます。
状況が分からないで、うろたえている姫の前には、愛しいアリの姿が・・・。
ところが、彼は、無名のファッション・デザイナー、インチョル(ソ・ジソプ)でした。
彼は、すがり付いてくる姫を、そのまま放っておくわけにはいかず、仕方なく彼女の面倒をみることになりました。
また、裏切り者のユソクにそっくりな、日本人の藤原が現れ、姫に急接近します。

豪華キャストで送る、時空を超えたラブストーリーは、ダイナミックにストーリーが展開し、目を離すことができませんよ。

電子たばこ 販売店 電子たばこ 激安 電子たばこ 通販 電子タバコ 格安 デジタルフォトフレーム 激安 通販
posted by さと at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

韓国ドラマ「ホテリアー」が日本でもリメイク!

皆さん、ホテリアーをご存知ですか?

ホテリアーは韓国のドラマですが、日本でもリメイクされて放送されたので、知っている方も多いと思いますが。

韓国ドラマ「ホテリアー」は、2001年に韓国MBCで放送されました。
その後、日本をはじめ、アジアの各国でも放送され、大変な人気を集めた作品です。
それでは、「ホテリアー」のあらすじを紹介します。

舞台は、経営難に陥っている、超一流ホテルの「ソウルホテル」です。
顧客担当支配人のソ・ジニョン(ソン・ユンア)は、買収を企む者からホテルを救うために、ソウルホテルで以前働いていた、ハン・テジュン(キム・スンウ)を呼び戻しに、ラスベガスまで行きます。

テジュンは、ジニョンの元恋人ですが、すっかり落ちぶれてしまっており、ジニョンにも冷たく当たりました。
そのことに、ショックを受けていたジニョンは、偶然、韓国系アメリカ人のシン・ドンヒョク(ペ・ヨンジュン)と出会います。

ドンヒョクは、自分の母国である韓国から来たジニョンに、徐々に関心を持つようになります。
彼女に惹かれていったドンヒョクは、ソウルホテルに滞在することになります。
ところが、ドンヒョクこそが、実業家のキム会長から、ソウルホテルを買収するという依頼を受けた、企業ハンターであったのです。

ジニョンは、元恋人のテジュンと、正面から自分に向かってきてくれるドンヒョクの間で、心が揺れ動きます。
しかし、ジニョンは、自分の働いているホテルを買収する目的で、ドンヒョクが来たことを知りません・・・。

韓国ドラマ「ホテリアー」は、2007年4月に、日本でもテレビ朝日がリメイクし、放送されました。
日本版でもペ・ヨンジュンが特別出演として、オリジナルと同じ、シン・ドンヒョク役で出演しました。設定は、数年後ということで、オリジナルに比べて、キャラクターは優しい印象となっていました。
電子たばこ 販売店 電子たばこ 激安 電子たばこ 通販 電子タバコ 格安 デジタルフォトフレーム 激安 通販
posted by さと at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

「四季シリーズ」では完結編は「春のワルツ」になります

「春のワルツ」は、ユン・ソクホ監督による、ドラマ「四季シリーズ」の完結編です。

母親と2人だけで、美しい島で暮らしている少女ウニョン(ハン・ソイ)のところに、スホ(ウン・ウォンジェ)という少年がやってきました。
2人は、まるで実の兄妹のように、仲良く幸せに暮らしていくのですが、不意の事故によって、2人は離れ離れになってしまいます。

それから15年後、スホは、オーストリアで「チェハ(ソ・ドヨン)」という名前で、カリスマピアニストとして活躍していました。
彼は、孤独な日々を送っていましたが、マネージャーのフィリップ(ダニエル・ヘニー)だけに、信頼を置いていました。

そんな中、ウニョン(ハン・ヒョジュ)は、チェハがオーストリアにいることを知って、イナ(イ・ソヨン)と供に、オーストリアに行きます。
そして、オーストリアで、偶然なのか運命なのか、導かれるかのように4人は出会っていくのです。
この出会いによって、4人は複雑な運命を歩んでいくのです。

「春のワルツ」のメインキャラクターは、新人を登用しており、「春」の新鮮なイメージを感じます。
「ソ・ドヨン」は、2003年にモデルとしてデビューし、この作品は、ドラマ初主演作です。
「ハン・ヒョジュ」は、2003年、高校在学中に「ミスにっこり」で大賞を受賞して芸能界に入りました。この作品では、ヒロインとして抜擢されて、ドラマ初主演を果たしました。
「イ・ソヨン」は、2002年にスクリーンデビューしてから、映画、ドラマと、女優として着実にキャリアを積んでいます。
「ダニエル・へニー」は、韓国系アメリカ人で、2005年の大ヒットドラマ「私の名前はキム・サムスン」でデビューし、この作品では、MBC演技大賞新人賞を受賞しています。
また、子役の「ハン・ソイ」と「ウン・ウォンジェ」も、大活躍しています。
電子たばこ 販売店 電子たばこ 激安 電子たばこ 通販 電子タバコ 格安 デジタルフォトフレーム 激安 通販
posted by さと at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

「四季シリーズ」の「夏の香り」について

「夏の香り」は、「冬のソナタ」を手掛けたユン・ソクホ監督による、「四季シリーズ」の第3弾です。
主演は「秋の童話」のソン・スンホンです。
また、映画「ラブストーリー」に出演したソン・イェジンという、とても魅力的な2人が美しい愛の物語を演じています。

この作品のテーマは「運命的な愛」です。
シム・ヘウォン(ソン・イェジン)は、もともと心臓が弱く、心臓移植手術を受けることになります。
そして、健康な身体となった彼女は、フローリストとして働くようになります。
また、幼なじみのパク・チョンジェ(リュ・ジン)からプロポーズを受けており、幸せに過ごしていました。

ある夏の日、ヘウォンは、先輩フローリストのオ・ジャンミと山へ出かけることになります。
その途中で、ヘウォンは、ジャンミとはぐれ、足をくじいてしまいます。
そして、ヘウォンの目の前には、ユ・ミヌ(ソン・スンホン)という男性が現れます。
その時、突然ヘウォンの心臓が、激しく鼓動するのを感じます。
それは、運命の恋の始まりを告げることとなるのです。

ユン・ソクホ監督は、映像美の素晴らしさで知られているように、この「夏の香り」でも、夏の清らかな風景が印象的です。
音楽は「冬のソナタ」と同様に、RYUが担当しています。
ユン・ソクホ監督ならではの美しい映像に、RYUの繊細な音楽が加わることで、心惹かれる美しい世界をつくり出しているのです。
あなたも、「夏の香り」で、心から愛を感じてみてください。
電子たばこ 販売店 電子たばこ 激安 電子たばこ 通販 電子タバコ 格安 デジタルフォトフレーム 激安 通販
posted by さと at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。